インターン生だった彼が、25歳で「最年少執行役員」になるまでの軌跡とこれから

▲学生時代の清水

▲学生時代の清水

26歳の若さにしてクルイトの執行役員を務める清水勇希。頭の回転の早さと不屈の精神を持ち、組織をけん引する彼だが、学生時代までは「僕には明るい未来なんてないかもしれない」と半ば諦めた気持ちで過ごしていたと言う。ITの力に勇気をもらい、踏み出した清水が今も突き進む理由と、「教育」にかける強い想いとは。【PR Tableで読む】

「何もない」自分。踏み出すきっかけはネットの中に

株式会社クルイト

この会社にアクションする