“才能”をつくり変えることはしない。だからこそ、優れた発掘と戦略に磨きをかける

▲「ここ、本当はエンジニアの方が座る席なんですけど。。。」本社7階のマスタリングルームにて。

▲「ここ、本当はエンジニアの方が座る席なんですけど。。。」本社7階のマスタリングルームにて。

音楽シーンを彩る、才能あるアーティストたち。彼らの活躍には、“才能”を見いだす人たちの存在が欠かせません。ポニーキャニオンの音楽ディレクター・守谷 和真は、その発掘力と戦略構築力でさまざまなアーティストをヒットに導きました。積極性と人脈を生かして奔走する守谷の仕事ぶりをご紹介します。【talentbookで読む】

快挙の舞台裏を支える「ディレクター」という仕事