働き方改革で管理職が疲弊しない方法は? やらないことを決め、メンバー全員で1か月の仕事を洗い出しする

働き方改革で疲弊しては元も子もない

働き方改革で疲弊しては元も子もない

働き方改革が進められる中、部下に残業をさせられないと、上司自らが仕事を抱えてしまうケースが増えているようです。以下のようなことがありませんか?

「残業を部下にさせるなと言うけど、仕事量が依然と同じか、逆に増えています」
「部下に残業をさせられないので、土日出勤が増えている」
「テレワークやら何やらで、部下がどこで何をやっているのかさっぱりわからん」

働き方改革が進められる中、働きやすさの整備はもちろん大切ですが、そのおかげで管理職自身が疲弊してしまうのでは困ったものです。今回はそのような状況に陥らないために管理職は何をしていけばいいのかについて考察してまいります。(文:働きがい創造研究所社長 田岡英明)

働き方改革の”しわ寄せ”がミドルマネジメント層と言われる現場管理職に……