先生と保護者が、生徒を見守れるアプリを──「Classiホーム」に込めた想い

▲Classi FAN MEETING 2019にて

▲Classi FAN MEETING 2019にて

2019年3月に発表した「Classiホーム」は、先生の学校にまつわる負担を減らし、保護者とのコミュニケーションを円滑にするアプリです。教育現場でのテクノロジー活用は学校内外での「コミュニケーション」でも貢献できるものです。ディレクターの小坂井聖也の原体験とアプリに込めた想いをご紹介します。【talentbookで読む】

可能性のある中高生の時間を無駄にしたくない

Classi株式会社

この会社にアクションする