苦痛すぎる職場のカラオケ「歌の途中で勝手に消される」「お世辞にもうまいとはいえないうろ覚えの流行曲を歌う50代上司」

「こんな歌、歌うんじゃない」という上司も

「こんな歌、歌うんじゃない」という上司も

社会人なら飲み会の二次会などでカラオケに参加したことがある人もいるはずだ。キャリコネニュース読者からは、職場でのカラオケで苦い経験をした人からの回答が多数寄せられている。

会社には若者から定年前のベテランまで、幅広い世代の人が働いている。それぞれ好きな音楽やアーティストがおり、流行りの音楽を聞いていた時期が違うのだから、カラオケで聞いたことがない曲を歌う人がいるのは当然だ。しかし、20代男性の職場では、

「若者の曲に対して露骨に盛り下がる」(管理・事務職)

とそのような事情を理解できない人がいるという。

「昭和の歌謡曲とかなら逆にどんな曲かわかるけど、10歳差くらいが一番きつい」