ポジティブ思考の沖縄県民「人助けのためにお金貸して自己破産」? 全国平均より借金額が多くなる傾向も

沖縄県民の特徴とは?

沖縄県民の特徴とは?

「時間にルーズ」「歩くことが嫌い」など、本土に住む人たちとは少し違った価値観を持っている沖縄県民。11月20日の「ホンマでっか!?TV」(フジテレビ系)では、沖縄県民の県民性について議論された。臨床心理評論家の杉山崇氏は「沖縄県民が時間にルーズなのはポジティブ思考が原因」と指摘する。

時間の感覚は、情報の処理量とメンタルのネガティブさに比例しており、都会に住んでいる人は情報を処理する機会が多くネガティブになりがちという。その結果、都会の人は時間が長く感じやすくなり、時間管理に神経質になると話す。一方、沖縄県民は土地柄が影響しているのか、ポジティブ思考の人が多く、都会ほど情報処理を求められないため、時間にルーズになってしまうようだ。(文:石川祐介)

給与を上げると嫌がる沖縄県民