応募者の「自社への志望度」を高めるのは採用担当者の仕事だ

面接にやってくるのは志望度が高い人ばかりではない

面接にやってくるのは志望度が高い人ばかりではない

人材研究所代表・曽和利光氏の連載「採用担当者があなたの会社を魅力的にする」。採用ブランドだけに頼った採用では、本当に欲しいレベルの人は採れません。曽和氏は“採用担当者は「志望度は高めるものであって、評価するものではない」と心得るべき”と指摘します。

「志望度」で評価するのは時代遅れ