自身の得意を最大限生かせる環境を目指す。「ラベリング」を意識し歩んだ男のキャリア

▲広告代理店時代の清水(一番左)

▲広告代理店時代の清水(一番左)

広告代理店と事業会社をそれぞれ5年経験し、再度広告代理店にJoinした清水敏史。一貫してデジタル広告領域で経験を積んだ彼だが、そのキャリアを決断したきっかけはなんだったのか。2019年現在、マネジャーを務める彼の意思決定プロセスに迫ります。【talentbookで読む】

“自分はこれができる”を探し、行きついた「ラベリング」──Webマーケター

株式会社D2C R

この会社にアクションする