忘れられない”毒親”への思い「産まなきゃよかった、と言われた」「稼いだ給料を親に使われる」

"毒親"の持つ負の影響力は大きい

“毒親”の持つ負の影響力は大きい

世の中には家族との関係がうまくいかず、悩んでいる人は少なくない。特に親との関係がぎくしゃくしたまま大人になり、なおも干渉されつづけていたらうんざりしてしまう。

技術職の20代男性からは「稼いだ給料を親に使われる」(20代男性/技術職)といった悲痛な声が寄せられている。親に対してどのような不満を抱えているのだろうか。キャリコネニュースの読者から寄せられたエピソードを紹介する。

「帰宅が遅い母親が悪い」と子どもに教え込む祖父母