発達障害の当事者100人が考えたノートが完成 罫線や配色を工夫して視認性向上、「誰もが使いやすい」ノートに

「uni note・レモン」(左)と「uni note・ラベンダー」

「uni note・レモン」(左)と「uni note・ラベンダー」

大栗紙工は1月15日から、発達障害を持つ人の声を取り入れたノートを試験販売する。ノートは、発達障害の当事者の支援に取り組む団体「UnBalance」と共同で開発。紙質や色、罫線などの細部にまでこだわり、”誰もが使いやすい”ノートになっているという。

同団体の代表で、自身も当事者の元村祐子さんは

「私たちの中には、真っ白い紙がダメだったり、薄くて細い線を認識するのが苦手な人もいます。でも、このノートならもう我慢しなくてすむ」

リリースで思いを語っている。

ノートは2種類、B5サイズで税込み280円