新型肺炎対策、都内の薬局でマスクが品薄状態、売り切れ間近か メーカー広報「発注は普段の10倍くらい」

マスクが手に入るのは今のうち?

マスクが手に入るのは今のうち?

都内の薬局からマスクが消え始めている。中国湖北省武漢を中心に、新型のコロナウイルスによる肺炎患者が相次いでいる問題で、日本国内では28日までに4人の感染が確認された。報道を受けて、予防のためにマスクを購入しようとする人が増えているようだ。

キャリコネニュース編集部が同日正午ごろ、港区のドラッグストアに問い合わせたところ、既に箱物のマスクは売り切れ状態だった。7枚入りなどの袋入りマスクについては「大人用」「女性・子ども用」ともに在庫があったが、夕方まで在庫があるかどうかは怪しいという。

ツイッター民も困惑「まるでオイルショック」「これから花粉飛ぶのに」