新型肺炎、社会人の9割以上が「不安感じる」 会社に求める対策は「リモートワークや自宅待機」「マスク着用の義務付け」

マスク着用必須の職場もあるようだ

マスク着用必須の職場もあるようだ

SEC新宿駅前クリニックは1月31日、「新型肺炎の対策及び意識調査」の結果を発表した。調査は1月下旬にネット上で実施し、社会人の男女200人から回答を得た。

新型コロナウイルスの印象を聞くと、合わせて9割近くの人が「不安に感じている」(45.5%)、「やや不安に感じている」(41%)と答えた。一方、わずかながら「あまり不安ではない」(13%)、「不安ではない」(0.5%)という人もいた。

「客がどこから来たのかを知らせて欲しい」という飲食業界の声