槇原敬之の逮捕で「CD販売やめないで」「楽曲に罪はない」との声相次ぐ

昨年10月にデビュー30周年を迎えたばかりだった

昨年10月にデビュー30周年を迎えたばかりだった

シンガーソングライターの槇原敬之容疑者が2月13日、覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで逮捕された。報道されるとすぐに、ツイッター上では多くのファンから

「サブスク削除やCD回収だけは絶対にしないでくれ」
「楽曲に罪はありません」

とCDの店頭販売やサブスクサービスでの配信停止を懸念する声が多数挙がった。

ピエール瀧のときは逮捕翌日にCDを回収 ファンが署名を提出する事態に