住み心地のいい沿線ランキング2位「東急目黒線」、3位「東急東横線」 吉祥寺にアクセスする「井の頭線」「中央線」も人気

住心地のいい沿線ランキン

住心地のいい沿線ランキン

大東建託は2月12日、「いい部屋ネット 街の住みここち沿線ランキング2019首都圏版」に関する調査結果を発表した。調査は2019年3~4月に実施し、首都圏114沿線居住の20歳以上の7万1439人から回答を得た。

評価は「生活利便性」「行政サービス」「親しみやすさ」「交通利便性」「イメージ」「静かさ」「物価・家賃の安さ」「自然観光」の8項目について聞き、偏差値換算した。

1位は「みなとみらい線(横浜~元町・中華街)」(偏差値66.8)だった。横浜中華街や元町ショッピングストリートなどの観光スポットがあり、みなとみらいのマンション群が沿線上にある。

都内だけでなく、埼玉県西部方面へのアクセスも良好。「イメージ」「生活利便性」「自然・観光」の要素が高評価で、横浜の代表的なイメージと一致している。家賃相場は安くはないが、お手頃価格だ。

「東急世田谷線」も6位にランクイン