「ゲーム依存の本質」とは何か? 香川県のゲーム規制に「必要なのは自分に自信を持てる教育」と若新雄純氏

ネット依存になる原因は?

ネット依存になる原因は?

“18歳未満の子どもはゲームを1日60分に制限する”ことなどを盛り込んで炎上した香川県の条例案。「子どもたちを依存症から守るための対策」としているが、一律で制限することや、科学的根拠を疑問視する声も多い。この問題に対して慶応義塾大学特任准教授などを務める若新雄純氏は、2月13日放送の「モーニングCROSS」(TOKYO MX)で「依存症の本質」から考えるべきだと主張した。

若新氏は以前からこの条例の方向性には疑問があり、どちらかといえば反対の立場だという。SNSやスマホ、ソーシャルゲームが社会の一部となる中、

「教育という視点で、制限するというやり方は本当に正しいのか、というのを考えたい」

と語りだした。(文:okei)

「依存症になる人は、自信のなさから生まれる不安を誤魔化している」