ロングライフなものづくりがしたい。留学経験を経て、たどり着いた場所

▲ランドセル事業部で販促企画を担当している木村萌

▲ランドセル事業部で販促企画を担当している木村萌

土屋鞄製造所のランドセル事業部で、販促企画を担当している木村萌。新卒で入社以来、ランドセル専門店で開催しているワークショップなど、ものづくりイベントを企画してきました。日本と海外でデザインを学んだ末に、なぜ土屋鞄を選んだのか。その背景には“ものづくりのサイクル全体をデザインする”視点がありました。【talentbookで読む】

留学して気づいた“日本のものづくりの素晴らしさ”

株式会社土屋鞄製造所

この会社にアクションする