人事採用担当者は「話を盛る人」が大嫌い でもその人は本当に信用できないのだろうか?

”話を盛る人”が嫌いな採用担当者は多いのでは?

”話を盛る人”が嫌いな採用担当者は多いのでは?

人事採用担当者の世界では「自分をよく見せようとする人間は信用ならない」と口にする人が少なくありません。面接の場面などで多くの担当者は、自分を飾ろうとする人、自分を大きく見せようとする人を「不誠実」と見なします。

これは人事の方によく見られるパーソナリティ、すなわち公正であることや誠実であることを良しとする性格も影響しているのかもしれません。「事実を聞き出し、事実から判断する」という面接の原理原則に忠実な担当者ほど「話を盛る」ことに対する嫌悪感も強いということです。(人材研究所代表・曽和利光)

社会的動物である人間はウソをつくもの