新型コロナ、マスク求める客で疲弊する小売店「学生バイトが泣いてる」「ストレスで入院」

マスクを求める客で疲弊

マスクを求める客で疲弊

新型コロナウイルスによってマスクや消毒液などの品薄の状況は、依然として改善傾向にない。その打撃を直に受けているのがドラックストアなどの小売業界だ。中でも店舗勤務の販売員は、迷惑客の不満の捌け口にされる場合が多い。キャリコネニュース読者からは、

「従業員よりも早く店頭に並ぶお客様。いつも同じ人。本当に必要な方にマスクを販売できないジレンマ。胃が痛いです」(静岡県/50代女性/ドラッグストア)

といった声が寄せられている。今回は、迷惑な客のせいで心身面に支障をきたしている人の声を紹介する。(文:鹿賀大資)

「お前たち従業員はマスクをしている。買い占めているんじゃないか?」