新型コロナで学生バイトの6割が「休業になった」「シフトが減った」と回答

シフトを削られている人が多いようだ

シフトを削られている人が多いようだ

ディップは4月24日、「新型コロナウイルスによる仕事への影響調査」の結果を発表した。調査は3~4月にネット上で実施し、アルバイト・パート、派遣社員として就業中の15~69歳の男女5000人から回答を得た。

就業について、全体の8割以上が「就業に影響がある」「今後影響が出ると思う(計83.2%)と回答。属性別にみると、回答率が最高だったのは「学生」(同90.7%)で、最も低かった「フリーター(35歳以上)」(78.2%)でも8割近かった。

求職時に気になること1位「休業時の手当の明示」