「鬼滅の刃」の奥義”全集中の呼吸”を医学的に検証 「深い呼吸は細胞の活性化につながる」と専門医

”全集中の呼吸”は現実でも使える?

”全集中の呼吸”は現実でも使える?

人気漫画『鬼滅の刃』に登場する鬼殺の剣士たちの奥義と言えば、瞬間的に身体能力を上昇させる特殊な呼吸法”全集中の呼吸”だ。順天堂大学医学部教授で自律神経に関する多数の著書を持つ小林弘幸医師は5月19日、アスコム社のリリースで、現実でもこの呼吸法に免疫力を高める効果があることを解説した。

全集中の呼吸はどうすれば会得できるのだろうか。作中では、育手の鱗滝左近次が「身体の隅々の細胞まで酸素が行き渡るよう長い呼吸を意識しろ。体の自然治癒力を高め、精神の安定化と活性化をもたらす。上半身はゆったりと、下半身がどっしりと構えて……」と主人公の竈門炭治郎に教え込んでいた。

「呼吸法ほど即効性の高い健康法はありません」