『テラハ』制作陣は木村花さんをヘイトから守るべきだった 恋愛リアリティ番組が孕む致命的な危うさ

画像はキャプチャ

画像はキャプチャ

22歳の若さで5月23日に死去したプロレスラーの木村花さんをめぐり、ネット上の誹謗中傷を見直す機運が高まっている。木村さんは、恋愛リアリティ番組『テラスハウス』に出演。番組内での”コスチューム事件”以降、木村さんに対するSNS上でのバッシングが加熱していたことが報じられている。

与野党は、ネット上の誹謗中傷をなくす対策を協議する方針で一致したことが伝えられている。だが、番組自体が視聴者のヘイトを助長する構成になっており、出演者のケアが不十分であるなどの問題も多い。海外でも、同様のリアリティ番組出演者から自殺者が出ていることも併せて考えるべきだろう。(文:ふじいりょう)

発端の”コスチューム事件”、番組制作陣は何度も配信