明治安田生命、契約社員2000人規模を正社員化 定型業務を自動化し”生産性高い業務”へ

画像はキャプチャ

画像はキャプチャ

明治安田生命保険は6月8日、雇用する全契約社員約2500人のうち、希望者全員を2021年4月から正社員に移行することを発表した。契約社員がこれまで主に担当していた定型事務のAI、RPA化に伴い、より高度な作業に従事してもらう狙いがある。

正社員に移行後は、総合職(地域職)として自動化の難しい事務業務などを担う予定。また、約600人については、営業職員に同行して契約者を訪問し、高度な知識が必要な保険契約の説明などをサポートするという。

正社員化で年収は平均10%増、退職金も支給されるように