インターンでつかんだ成長。自分と向き合える環境がキュービックにはある

eb9a15bb69384fed5cc68cecc0dae67b6481ecef

大学2年生のとき、キュービックにインターンとして入社した大森 泰河。環境と生物に熱意を持って取り組む彼は、キュービックで自身が実感できるほどの成長を遂げます。焦りや劣等感から始まったインターンで、彼が見つけたものとはなんだったのでしょうか。大森がキュービックで歩んできた道をたどります。【talentbookで読む】

学生が100人以上いて、ゴリゴリ働いている会社