「社員とチームメイトのような関係でいたい」と話す 二代目副社長にとっての“いい会社”とは?

★DSCF3951

●プロフィール:
日本の最西端に位置(*1)し、海や山、離島、史跡など、どこをとっても美しい風景が広がる長崎県平戸市。そんな自然豊かな土地で、さまざまなものを腐食や有害物質から守るフッ素樹脂加工を駆使した「表面加工処理事業」で成長を続けてきたのが有限会社一六(イチロク)技研だ。1989年の創業以来、化学プラント用のタンクや配管をはじめ、食品関係、半導体、一般産業機器などのフッ素樹脂加工を展開。特殊で高度なスキルが必要とされる業界でありながら、未経験者を積極的に採用し、着実に成長を続けている。世界最大手のメーカーであるAGCとは、樹脂素材について相互に意見交換しながら、ビジネスパートナーとして長年にわたりお付き合いを続けてきた。そんな同社の副社長である福田将三(ふくだしょうぞう)さん(写真中央)に、ものづくりの魅力や仕事に対する想いを伺った。

(*1 離島を除く陸路のみの場合)

●この記事のチェックポイントはココ!
・UIターンも検討したい!長崎県平戸市の魅力とは?
・ものづくり独自の魅力や面白さ
・あえて未経験者採用をする理由
・二代目が語る!いい仕事観とは?
・今後の仕事について考える方へのメッセージ

経験×チャレンジ精神。難しいから面白い。そう感じられるかはその人次第