“学歴不要説”を主張する高卒30代男性「大学中退。32歳まで定職に就いていなかったけど外資ベンダーで年収1000万円」

学歴とキャリアは関係ない?!

学歴とキャリアは関係ない?!

学歴といえば、中卒から内閣総理大臣までのぼり詰めた田中角栄氏を思い浮かべる人もいるはずだ。田中氏は自身の著書で「必要なのは学歴ではなく学問だ。

学歴は過去の栄光。学問は現在に生きている」という趣旨の内容を綴ったことでも知られる。京都府の60代男性もキャリコネニュースに、

「学歴どうこうより、自ら何を学び研究したか、という方が大事。人から教授されたのでは学びになりません。現に外資系企業では、日本の学歴は通用しないようです」

といった声を寄せている。男性は、自らの最終学歴については明かしてないが、「不満はない」という。また学歴が高いと感じるラインについては、

「米国の大学院で、母語以外での学習能力がある人」

とのことだ。ちなみに現在は、専門コンサル系の契約社員として年収650万円を得ている。俗に言う“スーパー派遣”といったところか。相当なキャリアを持っているに違いない。東京都の高卒30代男性も高給取りながら、学歴にこだわらない一人だ。(文:鹿賀大資)

「大学で学んだ分野を仕事に活かす人は”ごくわずか”」