被災から生まれた想い──エンジニアを通して未来を変えていきたい

▲「何事も挑戦」の気持ちでバイクで日本一周を敢行。被災地の福島も訪ねた

▲「何事も挑戦」の気持ちでバイクで日本一周を敢行。被災地の福島も訪ねた

東日本大震災での体験から、「周りを助けたい」「影響を与えられる人になりたい」という想いを持った早川 康平。法学部へ進学し公務員を目指すも、さまざまな経験を経てエンジニアの道を選びます。転職先のキュービックでも着実に成長をしていく早川、そんな彼が抱えてきた今までとこれからの想いを語ります。【talentbookで読む】

被災の体験から公務員を目指して