すべては好奇心から始まる──普通科出身の未経験者が技術者として成長するまで

f812f967778912651627c202469c2d6d4428533c

毛利 敏宏が働き始めたのはWindows95が発売されたパソコンブームの最中。高校は普通科でしたがプログラミングに熱中し、現在は半導体メーカーの技術者として、20年以上活躍しています。まったくの未経験にもかかわらず、興味のある分野で才能を発揮できたのは、旭化成アミダスとの出会いがきっかけでした。【talentbookで読む】

プログラミングへの好奇心が、新たな仕事の可能性を広げるきっかけに