【悲報】日本の有休取得率、ダントツで世界最下位 韓国にまで置いていかれる結果に

リリースより

リリースより

総合旅行サイト「エクスペディア・ジャパン」は7月9日、有給休暇に関する国際比較調査の結果を発表した。調査は2019年10~11月にネット上で実施し、19か国の1万1217人から回答を得た。

日本の有給休暇取得日数は10日、取得率は50%でいずれも19か国中最下位だった。特に取得率では、ワースト2位のマレーシア、オーストラリア(各70%)から大きく開き、世界各国と比べて極めて低い水準であることが分かる。

最下位を争っていた韓国は2015年から35ポイントも上昇