テレワークから通常出社に戻った上場企業の呆れた理由「役員や部長が寂しいから」

テレワークから「通常出社」へ

テレワークから「通常出社」へ

新型コロナウイルスは今なお、収束が見えない状況だ。緊急事態宣言解除後もテレワークが推奨されているが、すでにテレワークが終了し、通常出勤させられているという声が寄せられている。

神奈川県に住む30代の女性は、7月に入り政府の全国移動可という宣言が出たために、通常出勤に戻すと会社から通達があったという。「ソーシャルディスタンスも保てず、フロアにも100人以上いる中で戻す方針が理解できなかった」と不満を綴る。

それ以外にも、従業員に対し、新しい企画を求めているわりに、企画を出しても難色を示す会社の姿勢にも疑問があり、退職を決意したと語る。

他にも、通常出勤に戻ってから退職を決意した人の声を紹介する。(文:林加奈)

「週2日出勤のはずか週3日に……」