平均残業時間1.1時間/月を実現! 残業ゼロ宣言をした「サカタ製作所」本気の働き方改革

担当者画像2-768x469

新潟県長岡市に本社を構える株式会社サカタ製作所。かつては長時間労働が常態化していたそうです。2014年11月の全社集会において、坂田社長が「残業ゼロを目指そう!」と目標を掲げ、時間外労働の削減に取り組まれました。各部署の管理職と労務担当、ITシステム課が連携し、削減に向けて業務改善や制度変更などを行い、2016年には平均残業時間1.1時間/月を達成。

2019年ホワイト企業認定取得と同時に、第4回ホワイト企業アワードにエントリー。働く社員が心身ともに健康で持てる資質・能力を十分発揮する環境を作った事を評価し、健康経営部門受賞と共に、短期的な取り組みではなく中長期的な「働きやすい職場づくり」を体現していること、またその取り組みが実績として、業績向上につながっていることを評価し、最優秀賞を受賞しています。

今回は取締役総務部長の樋山様と総務部総務経理課の岡部様に、残業ゼロに向けての取り組み内容と健康経営についてお話をお伺いしました。

平均残業時間17.6時間/月から2年で1.1時間/月を実現!