世帯年収1000万円だけど「3人子育てで毎月赤字」と嘆く40代女性「中学生以上の子育てに手厚い補助を」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

世帯年収1000万円だけど「3人子育てで毎月赤字」と嘆く40代女性「中学生以上の子育てに手厚い補助を」

「子どもたちへ支給される補助金はギリギリもらえません」

「私立大学3年生(理工学部)、私立高校3年生、公立小学校3年生の3人を子育て中」と語る、世帯年収1000万円の40代後半女性は、キャリコネニュースにリアルな生活感を寄せた。(文:福岡ちはや)

※キャリコネニュースでは世帯年収に関するアンケートを実施しています。回答はこちらから。https://questant.jp/q/6FE3D7NZ

夫は救急隊員「コロナ禍で『公務員の給料が高すぎる』と批判を浴びた」

女性は神奈川県在住で、住まいについて「実家の貸家を低価格で借りています」と明かす。パートに勤しみ、夫婦共働きで家計を支えている。

「主人は地方公務員で救急隊員。コロナ禍で『公務員の給料が高すぎる』と批判を浴びて、(給料が)下がっています。救急隊員は病院勤務者と同様に感染の危険が隣り合わせで、家族の命より現場の命を最優先にして働いています」

公務員の給与は民間とのバランスも踏まえて決定されている。ただ中には、コロナ禍による財政悪化を理由にして、職員給与を引き下げた自治体もあるようだ。

「毎月何とかやりくりしています」

また女性は「子どもたちへ支給される補助金はギリギリもらえません」と綴る。教育費事情によっては、世帯年収1000万円でも贅沢ができるわけではないようだ。

「私立大学と私立高校の授業料で給料は消えます。小学生(の子ども)は、習い事はもちろん、塾にも通えません。学費、交通費、食費で、毎月何とかやりくりしています。『長期休暇にお友達がどこどこへ旅行に行ったんだよ』と話を聞くたびに胸が痛くなります。」

生活に余裕が出ることを期待してパートに出た女性だが、「(2番目の子どもの)高校卒業後の進路が医療系の専門学校に決まり、その入学金と授業料にあてなければ間に合いません。毎月赤字で、子どもが小さかったときに貯めていた貯金はわずかになってしまいました」

女性は

「食費がかからない幼児の補助より、全てにおいて負担の大きい中学生以上に手厚くしてほしい」」と訴えていた。

※アンケート概要
■実施期間
2020年10月26日~
■回答数
2032 ※9月1日時点
(記事では、2021年8月26日に寄せられた投稿を紹介)
■アンケート対象
キャリコネメルマガ会員(63万人)やキャリコネニュース読者、キャリコネニュースSNSフォロワー
■実施方法
アンケート集計ツール「クエスタント」を使用
回答ページ https://questant.jp/q/6FE3D7NZ
■質問項目
・現在の世帯年収でどのような生活を送っていますか? 満足している点、不満な点、エピソードを教えてください。

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ