“ヤンキー社長と揉めました” 職場を6か月で辞めた男性「月100時間超の残業で手取り16万円だった」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

“ヤンキー社長と揉めました” 職場を6か月で辞めた男性「月100時間超の残業で手取り16万円だった」

壮絶なブラック企業エピソード

壮絶なブラック企業エピソード

満を持して入社した企業。しかし「こんなはずではなかった!」と後悔したことのある人もいるのではないだろうか。

「仕事内容や勤務時間が面接時の説明と違う」「想像以上の長時間労働だった」などの理由から、早々と会社に見切りをつける人も多い。キャリコネニュース読者からも、仕事をすぐに辞めたときのエピソードが寄せられている。(文:コティマム)

昼休憩は潰れ7時から18時まで勤務 さらに「社長の身の上話で2時間残業」

製造業の職場を6か月で辞めたという埼玉県の30代男性。「残業が月100時間を超えるにもかかわらず、手取り16万円の給与に怒り、自称ヤンキー社長と揉めたため」と退職の理由を語る。

男性は退職後、技術職の正社員に転職。今は年収450万円だ。前職を6か月で退職したことについては

「仕事での理不尽はある程度許容するが、過度な理不尽には黙っていられないタイプ。正しい決断をしたと思う」

と満足げだ。群馬県の20代男性も、

食肉卸業を10か月で退職した。

「7時から18時までの労働で昼休憩1時間。15時にも10分休憩を取る感じでした。しかし、肉加工の仕方を昼休憩の時間に教わるため、休憩を5分しか取れないこともありました。個々に使う道具の準備は、勤務時間外に行うことを強要。業務に関係のない社長の身の上話を混じえたミーティングで、2時間残業することも。社長が言うことは絶対なので、何も言えない状態でした」

男性は現在、営業職の契約社員として働いている。退職当時を振り返り「辞めて満足しています。劣悪な環境で仕事をしても、精神的にも身体的にもボロボロになるだけ。いいことは何もなかったです」と語っている。

「脱法業務を継続するため役所に嘘をつくことを強要された」

違法スレスレの業務をさせられそうになったという人も。東京都の50代女性は、不動産投資会社を6か月で退職した経験がある。

「入ってみたらまったく話が違い、何も知らない自分がスケープゴートにされている状態だった。退職の最後の決め手は、脱法業務を継続させるべく、役所に対して嘘をつくよう社長や役員から強要されたこと」

何も知らずに身代わりにされ、責任をかぶせられるところだった女性。現在は企画・マーケティング職の契約社員として年収1300万円を稼いでいる。

「辞めて正解。その後、社長も役員も親会社により辞めさせられ、会社も売却された。退職しなかったらキャリアにも傷がついたし、ゴタゴタに巻き込まれて責任を負わされる可能性もあった」

女性が不正やトラブルに巻き込まれる前に辞めることができたのは、不幸中の幸いだったかもしれない。

※キャリコネニュースでは引き続き【募集】仕事を即行で辞めた人「職場の忘年会ありますか?」に関するアンケートを募集しています。

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ