バツイチ子持ちの方でも再婚しやすい結婚相談所の実情 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

バツイチ子持ちの方でも再婚しやすい結婚相談所の実情

「一度結婚に失敗したから次の結婚はハードルが高い」

「子どものために新しいパートナーを探したいけど、いい人に巡り合えるか不安…」

離婚を経験した方は様々な不安を抱えていることでしょう。特にお子さんがいらっしゃる方は、この先ひとりで子どもを育てていけるだろうかという精神的な不安に加えて、物理的な不安もあると思います。

そんな不安を取っ払ってくれるのが、結婚相談所での婚活です。なぜ他の婚活手段より、結婚相談所がオススメなのか、マリッジコンサルタントとして、婚活をしている方々の現場の声に耳を傾けていらっしゃる方にポイントを伺ってみました。

>>【無料】マッチング体験はこちらから<<

<目次>
1.4組に1組が再婚している
2.離婚歴があって結婚相談所にしている女性の特徴
3.離婚歴があって結婚相談所にしている女性の特徴
4.子どもが小さいうちは早めに会わせるほどいい
5.結婚を経験しているからこその判断力もポイントに
6.離婚歴のある子持ちの女性を選ぶ男性の特徴
7.離婚歴のある子持ちの女性に結婚相談所オススメする3つの理由
 ①マリッジコンサルタントがサポートしてくれる
 ②安全で圧倒的な会員数
 ③自分を受け入れてくれる人とだけマッチングできる
8.効率的に活動ができる結婚相談所

1.4組に1組が再婚している

その前に、まずは日本の現状について紹介します。2019年に厚生労働省が発表した数字によると、日本の離婚件数は20万8489組で、離婚率は1.69と言われています。この数字は人口1000人あたりの離婚数。一方、婚姻件数は59万8965組なので、約3人に1組の割合で離婚しているということになります。

それでは、再婚率はどうでしょう? 同じく厚生労働省が発表した数字によると、1年間の婚姻件数の中で、お互いが再婚同士、あるいはどちらかが再婚だった割合は、1970年には10組に1組に過ぎなかったのに対して、2018年の統計では4組に1組にまで増えています。

実際「ツヴァイ」では、40代50代と年齢が上がるにつれて、一度結婚したことのある方の割合も増えており、全体的には1割弱が離婚歴のある会員とのこと。年齢が上がるとともに男性が多く、女性は比較的若い方が多いそうです。

2.離婚歴があって結婚相談所に登録している女性の特徴

結婚相談所に登録をしている離婚歴のある女性は大きくふたつのパターンに分けられるそう。ひとつは、自分で仕事をしていて、経済的に自立をしている。もうひとつは何か理由があり仕事ができず、養育費をいただいているパターンになります。前者のご自身でも仕事をしている女性は、相手に求める条件として性格を重視している方が多く、成婚率はほぼほぼ100%に近いそう。

3.再婚しやすい離婚歴のある女性の特徴

このように、自分でも仕事をしている女性は再婚に至りやすいということですが、その他にも再婚しやすい離婚歴のある女性の特徴を聞いてみました。それは意外にも、外見や性格といったものではなく、女性側の心構えでした。その心構えとは、元パートナーとの比較をしないこと。年収や外見、性格など、一度結婚を経験しているからこそ、比較対象がいるのは変えようのないことですが、そこに囚われていると、なかなか厳しいそう。例えば、前の旦那さんと比べて年収が下がる=生活水準を下げるということになり、受け入れ難いかもしれません。ですが、比べられる側にしてみれば、なんとも失礼な話。いくらこだわっていても、マッチングできなければ、婚活も前に進みません。

4.子どもが小さいうちは早めに会わせるほどいい

また、お子さんがいらっしゃる方は、お子さんが小さければ小さいほど、早めに会わせることも再婚しやすい行動のひとつだそう。3歳~4歳ぐらいのお子さんであれば、新しいお父さん、新しいお母さんを求めているので、自然に懐いてくれる可能性が高いようです。男の子を持つ女性だったら、男性はその子の遊び相手になってあげるだけで距離は縮まるでしょう。また、女の子を持つ女性なら、男性は何か欲しいものを買ってあげるなど、お子さんの興味を引きつけ、少しずつ仲良くなっていくことで親近感を持ってもらうといいそうです。

5.結婚を経験しているからこその判断力もポイントに

一度結婚を経験している方は、自分をよく知っている分、未婚の方よりも判断力が早いという傾向もあるのだそう。そして、実際に結婚生活を経験している分、お相手が自分に何を求めているのか察する能力が高い人が多いという特徴もあります。また、結婚生活や結婚相手に夢見がちになっておらず、現実的な人ほど、早く再婚を決めているそうです。

6.離婚歴のある子持ちの女性を選ぶ男性の特徴

仕事をしている、元パートナーと比較をしない、子どもが小さければ早めに会わせる、結婚を現実的にみているなど、再婚しやすい離婚歴のある女性の特徴を紹介しましたが、そんな女性を選ぶ男性とは一体どんな特徴があるのでしょうか?

お互い再婚同士で結婚するという方も多いそうですが、初婚の方もいらっしゃるそう。実際、初婚の女性を求める男性の方が多いのは確かですが、婚活をしている間に、条件を広げていく方が多いそう。マリッジコンサルタントが実際に対応したケースを教えてもらいました。

男性は50代で、まだ一度も結婚をしておらず「自分の子どもが欲しい」という願望を持っている方。女性は40代でお嬢さんがいる離婚歴のある方。最初は、相手も初婚がいいというこだわりを持って活動をしていた50代男性ですが、なかなかマッチングが成立しないまま時間だけが過ぎていたそう。そこで、「会いたい」と言ってきてくれたのが40代の子持ちの女性だったのです。「初婚」と「自分の子ども」にこだわっていた男性ですが、実際女性と会うと気持ちが変わり、デートを重ねた結果うまくいき、無事に成婚され、今年お嬢さんの成人式を一緒にお祝いされたそう。

このように、離婚歴があること、お子さんがいることをポジティブに捉えられる男性とは再婚に至りやすいようです。ただ、相手がポジティブに捉えてくれる以前に、女性側も離婚していることやお子さんがいることで卑屈にならず、積極的に活動をしたからこそ、相手の考え方を変えることができたとも言えるでしょう。

7.離婚歴のある子持ちの女性に結婚相談所オススメする3つの理由

再婚しやすい女性と、相手の男性の特徴を紹介しましたが、不安な気持ちを持っていた方は前向きな気持ちになれたでしょうか? 最後に離婚歴のある子持ちの女性にこそ、結婚相談所をオススメしたい理由を紹介します。

その1.マリッジコンサルタントがサポートしてくれる

離婚歴のある子持ちの女性に、結婚相談所をオススメしたい理由は、マリッジコンサルタントの存在です。先ほど紹介した50代の男性も、結婚相談所に入らず、マッチングアプリやお見合いパーティーなど自分ひとりで活動するタイプの婚活を続けていたら、離婚歴のある子持ちの女性とは再婚することは考えられなかったことでしょう。相手も初婚と自分の子どもが欲しいという条件にこだわり続けて、うまく行かないままだったかもしれません。自分の婚活を客観的に見てくれて、適宜アドバイスをくれるマリッジコンサルタントの存在は、男性にとっても女性にとっても大きな存在なのです。
その2.安全で圧倒的な会員数

再婚専門のマッチングアプリやお見合いパーティーなど、婚活手段は他にもありますが、誰でも登録できたり、身分を偽ってでも参加できるものだと、本気で結婚しようと思っていない遊び目的の人が紛れ込んでいる可能性がないとは否定できません。

その点、結婚相談所の入会には厳しい審査があるため、独身の男性と女性しか登録できません。その他にも収入証明書、卒業証明書などの提出を求められることが多く、年収や学歴の詐称も一切できないシステムになっています。またツヴァイなら、日本結婚相談所連盟加盟のネットワークを通じて最大9万人の会員がいます。真剣に結婚を考えている会員と出会えるのは、結婚相談所の最大の魅力。すべての方が離婚歴のある子持ちの女性を受け入れてくれるというわけではありませんが、母数は大いに越したことはないでしょう。
その3.自分を受け入れてくれる人とだけマッチングできる

そして、ツヴァイで成婚した方のほとんどが利用している条件マッチングは、お互いの条件に合った人とだけ、実際に会うことができるシステムなので、あらかじめ自分を受け入れてくれる人だけをふるいにかけられます。初婚じゃなくてもOK、子どもがいてもOKという離婚歴のある子持ちの女性の婚活にとって、大きなハードルになるところを最初からクリアしているので、話がトントン拍子に進むことは明確です。

8.効率的に活動ができる結婚相談所

離婚を経験している方は、一度失敗しているからこそ、自分の長所と短所を理解し、その上で相手の性格や価値観も見極められて条件を考えているので、自然と再婚率は高くなります。そこへ、マッチングができる結婚相談所の環境が整えば鬼に金棒です。

婚活は、自分と真剣に向き合い、相手からは見定められるなど、気力や体力が必要なもの。ましてやお子さんを育てながらの活動は時間との戦いでもあります。ひとりで抱え込まず、頼れるマリッジコンサルタントとともに婚活を乗り切り、再婚というゴールを目指しましょう。



注目動画

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ