子育て世帯の家計事情「こんなにお金が消えるのか」「オムツや服、ベビー用品で結構持っていかれる」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

子育て世帯の家計事情「こんなにお金が消えるのか」「オムツや服、ベビー用品で結構持っていかれる」

想像以上の養育費

想像以上の養育費

子どもが誕生した喜びも束の間、想像以上に養育費がかかり戸惑う人がいる。「子ども1人につき1000万円の費用がかかる」と耳にしたことはあっても、実際に自分で体験しなければ大変さはわからないものだ。子持ちのキャリコネニュース読者から寄せられた投稿を紹介する。(文:福岡ちはや)

※キャリコネニュースでは世帯年収に関するアンケートを実施しています。回答はこちらから。https://questant.jp/q/6FE3D7NZ

「3人の子どもたちの学費なども含めたらマイナスになります」

神奈川県の20代後半男性(IT・通信系/正社員)は世帯年収900万円だが、

「子どもが産まれてから、子ども1人でお金がこんなに消えるのかと痛感しました」

と実感を語る。

「まだ0歳ですが、オムツや服、ベビー用品で結構持っていかれます。また(赤ちゃんを)毎日湯船に入れて、温度調整のためのエアコンをつけているので、電気代や水道代も3倍近く上がってしまい、ネットの投稿どおりなんだと思いました」

男性は「夫婦2人であればそれなりの生活ができて、旅行も定期的に行くなど割と自由に過ごせていた」と振り返った。また、自身の世帯年収について

「税金が高すぎる」
「持っていくだけ持っていって大した補償もないので、この層は一番割に合わないと思ってます」

と不満も語っていた。

男性と世帯年収の近いほかのキャリコネニュース読者からも、

「我が家は平均よりも多い収入ですが、主人の稼ぎだけでは、3人の子どもたちの学費なども含めたらマイナスになります。私のパート代もすべて学費へ。旅行も外食もしてなくて贅沢禁止です」(世帯年収850万円/埼玉県/40代後半女性/流通・小売系/パート)

「夫は会社員で単身赴任中。妻は公務員。長男・私立大学、長女・私立大学、次男・私立中学校。生活ギリギリです」(世帯年収1100万円/広島県/50代前半女性)

と切実な声が寄せられている。

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー
新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ