“あえて結婚しない”という30代女性「実家暮らしで貯金は150万円。家事は一切やりません。家を出るメリットがない」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

“あえて結婚しない”という30代女性「実家暮らしで貯金は150万円。家事は一切やりません。家を出るメリットがない」

「結婚すると女性の負担が大きくなる」という声

「結婚すると女性の負担が大きくなる」という声

結婚に対する考えは人それぞれだ。若い内に結婚して早く子育てを終えたい人もいれば、まだまだ独身生活を満喫したい人だっている。そうした中、自身の結婚観から、敢えて結婚という道を選択しない人も少なくない。キャリコネニュース読者からは

「結婚は女性から、精神と経済的自由、名字のアイデンティティを奪う制度にしか考えられないため」(30代女性/東京都/IT・通信系/年収450万円/貯蓄550万円)

といった声が寄せられている。今回は結婚願望がない、30代以上の女性の声を紹介する。(文:鹿賀大資)

「家同士の繋がりが出来るのも面倒に感じています」

専門コンサル系の会社で働く東京都の30代女性は、実家で暮らしており「家を出ることに何のメリットも感じません」というのが結婚を選ばない理由だ。ちなみに収入のすべてを小遣いに回しており、貯金は150万円。また「家事は一切やりません」とも述べている。

正社員の東京都40代女性(年収450万円)は「自分のペースで自由に暮らせる生活を捨てられない」という。そう言うだけあって、毎日を楽しめるだけの豊富な趣味を持つ。貯金も2000万円と抜かりはない。

「未だに日本は、結婚すると何だかんだ女性の負担が大きくなるので、大変だと思います。よっぽど経済的に裕福なら別ですが。あと家同士の繋がりが出来るのも面倒に感じています」

「女も40代を過ぎると仕事の責任が出てくる」

京都府の40代女性(年収400万円/貯蓄500万円)は、結婚について「絶対はない」と前置きした上で「今のところ独身でも不自由してないから」という。また、

「女も40代を過ぎると仕事の責任が出てくる。それに親の老後も見えてくるから、そこに結婚がくるとお互いの理解がないとやっていけない」

と明かす。

正社員の神奈川県50代女性(年収800万円/貯蓄300万円)は、結婚後の名字の変更を面倒に感じ踏みとどまっている。名字が変わるとなると、入籍時のライセンス免許、銀行口座や家の権利書などの変更作業が待っている。ただ現在交際中の彼とのことを引き合いに出す。

「彼は『私の姓でいい』と言ってくれています。実際に彼の初婚時は、元妻の姓に変更したそうです。でも実は私も離婚していて、名字も元夫姓のままなので、それもどうかなと思案中です」

※キャリコネニュースでは引き続き「【読者投稿】あえて結婚しない人」に関するアンケートを募集しています。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

アーカイブ