代替肉のレトルト牛丼発売へ 食感や味わいは”言われなければわからないほどの完成度” | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

代替肉のレトルト牛丼発売へ 食感や味わいは”言われなければわからないほどの完成度”

新発売!

新発売!

ネクストミーツは9月29日、代替肉を使ったレトルト牛丼「ネクスト牛丼1.2」を発売する。肉の代わりには、大豆タンパク質を原料とした植物肉を使用。動物性の食材は一切使っていない。

同社はリリースで「食感、味、ともに牛丼そっくりに仕上がっており、言われなければわからないほどの完成度」とアピールしている。

「夜食として遅い時間に食べても罪悪感がありません」

七味や紅生姜を添えて

七味や紅生姜を添えて

同社では、代替肉の研究開発を実施。これまでにも代替肉を使ったハンバーガーや焼肉などを商品化している。代替肉の利点については、

「タンパク質を豊富に摂取できるうえ、脂質は抑えられるので、アスリートの方にもぴったり。夜食として遅い時間に食べても罪悪感がありません」

などとリリースで紹介。積極的に食生活への取り入れることを勧めている。

「ネクスト牛丼1.2」の食べ方は、冷凍状態のまま5分ほど湯せん、もしくは自然解凍後に煮てからごはんの上にかけるだけ。煮ることで、より植物肉に味が染み込むという。通常の牛丼のように、紅ショウガや七味唐辛子をかけて食べることもオススメしている。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー

アーカイブ