コロナ禍で住みたい街ランキング1位は「本厚木」 4年連続首位の池袋は5位に後退

コロナ禍の住みたい街ランキング

コロナ禍の住みたい街ランキング

不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME’S」などを運営するLIFULLは9月8日、コロナ禍での借りて住みたい街ランキング首都圏版を発表した。調査は今年4~8月に実施し、掲載された物件のうち実際の問い合わせ数を算出。

1位は「本厚木」(小田急小田原線/神奈川県)で、前回4位からランクアップ。2位は「葛西」(東京メトロ東西線/東京都)、3位は「大宮」(JR東北新幹線ほか/埼玉県)、4位「千葉」(JR総武線ほか/千葉県)となった。

4年連続首位をキープしていた「池袋」(JR山手線ほか/東京都)、「西川口」(JR京浜東北・根岸線/埼玉県)は5位に後退した。6位以降、「高円寺」(JR中央線ほか/東京都)、「蕨」(JR京浜東北線・根岸線/埼玉県)、「八王子」(JR横浜線ほか/東京都)、「町田」(JR横浜線ほか/東京都)が続く。

在宅勤務で通勤時間を重要視しなくなる人が増加?