持ち家より”賃貸派”の主張「戸建てを買ったら隣人トラブルで手放さざるを得なかった」「分譲賃貸が一番合理的」

戸建てを買ったはいいものの……

戸建てを買ったはいいものの……

かつての「持ち家が社会的なステータスになる」といった風潮も廃れつつある。それどころか持ち家のリスクを懸念する声も多く、中には近年の社会問題を引き合いに出す人もいる。キャリコネニュース読者からは、

「これからは確実に空き家率が増える一方なので、賃貸の借り手は有利になる。持ち家は魅力的だが、必要ではない」(20代女性/宮城県)

といった声が寄せられている。また京都府の40代女性は、

「ここ数年は自然災害が多発。特に新築の持ち家が水や土の被害にあってしまったら、解体費・修繕費・ローンとすべてが負担です。近隣住民とのトラブルや事故物件もあるかもしれません。でも賃貸なら引っ越しすれば解決します」

という。今回は、持ち家に必要性を感じていない人の声を紹介する。(文:鹿賀大資)

「持ち家の所有は、シェアリングエコノミーの考え方にも逆行している」