世帯年収800~1000万円の40代の生活感「子どもが大学卒業するまで余裕なし」「旅行は帰省くらい」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

世帯年収800~1000万円の40代の生活感「子どもが大学卒業するまで余裕なし」「旅行は帰省くらい」

大学卒業を見届けるまでは……

大学卒業を見届けるまでは……

日本の平均世帯年収である551万円。世帯年収800~1000万円といえば、これを大きく上回る。今回はこの年収帯の40代ビジネスマンの声を紹介する。

40代といえば社会経験も人生経験も豊富で円熟期との見方もある。「それなりに稼いでいそう」「ライフワークバランスが充実していそう」と思っている人も多いだろうが、実際の生活感はどうなのか。キャリコネニュース読者からは、

「余裕はありませんが、切り詰めた生活をしている実感もないです」(男性/山口県/医療職)
「毎月の生活は苦しくもないし贅沢もできている。ただ貯金は思うほどできない」(女性/宮城県/不動産・建設系)
「夫婦2人なので満足しているが、子どもが生まれたら楽ではない」(男性/東京都/サービス系個人事業主)

といった投稿が寄せられている。(文:鹿賀大資)

「お金がかかるのに、この国は不公平でしかない」

IT・通信系企業に勤務する大阪府の男性は「食べていくのに困ることはない」という。それでも3人の子どもを大学に通わせているため、国から何かしらの援助を受けたいのが本音だ。

大学の学費について「高過ぎてとても払えない」と述べ、現状については「全員が大学を卒業するまで余裕は全然ない」と書いている。

別の大阪府男性には、中学生と大学生の子どもがいる。下の子が高校進学を控えるなか、年収制限により無償の対象だ。上の子の方も、大学進学のため奨学金を借りようとすると有利子となる。それらについて「子どもがいるとお金がかかるのに、この国は不公平でしかない」と不満を募らせている。

「老後に向けた貯金もしなければ」

公務員の神奈川県男性は子どもを私立校に通わせ、持ち家と車を所有しているが「余裕はあまり感じていません」という。外食はほとんどせず、旅行も「帰省くらいです」という。総じて「生活は年収500万円の頃からあまり変わっていないです」とのことだ。

京都府の男性も公務員をしており、現況についても「あまり余裕はない」という。子どもはまだ小さい。「住宅関係もこれから考えないといけないし、老後に向けた貯金もしなければ。正直不安しかない」とコメントしている。

不動産・建設系の会社で働く東京都男性は、現在の生活状況について「どちらかと言えば余裕はあります」と感じている。ただ税金や保険料の高さは「年ごとに少しずつ上がっている」と否めない。

「年収は今後も上がっていくと思います。それでも税金や保険料の高さとの差し引きを考えると、安心は出来ません」

ほかには、

「住宅ローンを完済した。今はその分を貯金に充てている」(女性/埼玉県)
「休みが少ない」(女性/長野県/不動産・建設系)

といった声も寄せられた。

※キャリコネニュースでは引き続き「あなたの世帯年収への不満を教えてください」「テレワークで快適なこと・つらいこと」などのアンケートを実施しています。

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ