若手社員の5割が「現在も在宅勤務」 コミュニケーション量は「丁度良い」と7割が回答

「不足している」は26.5%という結果に

「不足している」は26.5%という結果に

レジェンダ・コーポレーションは9月17日、「若手社会人の就業実態」に関する調査結果を発表した。調査は8月にネット上で実施し、20~30代前半までの若手社会人841人から回答を得た。

在宅勤務の状況について聞いたところ、緊急事態宣言時は「フルタイムで在宅勤務」(39.6%)が4割ほどいたのに対し、現在は20.9%と半減していることが分かった。なお、週1~週4で在宅勤務をしている人を含めた「現在も在宅勤務」(48.3%)をしている人は5割ほどだった。

「話題や雑談に近い会話は激減した」