パチンコで計1000万円勝った20代男性「貧困家庭の実家を支えるために始めた。勝つために打つのやめたい」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

パチンコで計1000万円勝った20代男性「貧困家庭の実家を支えるために始めた。勝つために打つのやめたい」

パチンコで計1000万円勝った20代男性

パチンコで計1000万円勝った20代男性

たまたま空いた時間に立ち寄ったパチンコ店で、暇つぶしのはずが熱くなってしまい、負けを取り返しに行こうとした挙句返り討ちにあったという人もいるだろう。

パチンコなどギャンブルがやめられない人にとってこの手の話はありがちなものだが、それを繰り返して年数を刻むと、とんでもないマイナス額に達してしまうらしい。50代男性のキャリコネニュース読者は、

「パチンコとスロットは約30年しています。総額は、30年で新築一戸建てが買えるぐらいですよ」(メーカー系/年収150万円)

と綴る。年収1700万円の40代男性フリーランスもパチンコ・パチスロ歴30年で「総額は検討もつかない」という。しかし男性は、

「やめたいと思った瞬間も、やめる気もありません。やめたいと思ったこともありません。苦しさや困っていることも特になく、単なる趣味なので生活に影響が出なければ問題ないと思います」

という。今回は、そうしたパチンコに魅了されたギャンブラーの声を紹介する。(文:鹿賀大資)

「2~3か月はやめられるけど、久しぶりに行くと勝つのでまたハマる」

20代男性(年収300万円)のパチンコ歴は約1年半。その間に投じた費用は、総額で約300万円にのぼる。さすがに借金をしてまで打ちに行ってしまった時は「やめたいと思った」という。それでも男性には、パチンコをやめられない。

「勝ち負けに関係なく、その台が好きだから。ほとんど負けているが、純粋に楽しい」

そんな男性も「生活費を削って打ちに行ってしまうのは困りどころ。借金も残っているので支払いが厳しい」と述べている。

それ以外のケースでは、

「パチンコ歴26年目、負け総額2000万円。2~3か月はやめられるけど、久しぶりに行くと勝つのでまたハマる」(40代男性/フリーランス/年収100万円未満)

という声もあった。

「勝つためのパチスロは立ち回りが重要」

メーカー系の会社で年収500万円の20代男性も「実質は完全にギャンブルであるパチスロに、のめり込んでいます」という一人だ。しかし男性は「収支は生涯でプラス1000万円です」と今までの内容とは一線を画す。

「パチスロを本格的に始めたきっかけは、貧困家庭だった実家を支えるためです。それと自分の大学の学費も稼がなければならない状況だったので」

そんな男性だが「パチスロは嫌いな訳ではない」といい、「心からやめたいと思ったこともありません」という。しかし「勝つためにするパチスロは、やめたいと思いました」と綴る。

「勝つためのパチスロは立ち回りが重要で、お店側や他のお客さんに嫌われることもしばしばありました。そのため、ネット掲示板に自分のことを書かれることもよくありました」

とはいえ「今でも銭ほしさに通ってしまう」ことについては頭を抱えているという。また「パチスロに費やす時間を、自身の生産性が高められることに使用できれば、もっと人生も変わるのに」とも綴っている。

※キャリコネニュースでは引き続き「パチンコなどギャンブルがやめられない人」「【読者投稿】奨学金返済中の人」に関するアンケートを募集しています。

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー
新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ