自己都合退職の失業手当、退職2か月後から支給 「そもそも待機期間をなくすべき」という声もあるが……

生活費を心配せず転職するために……

生活費を心配せず転職するために……

厚生労働省は10月1日から、自己都合で退職した人を対象に、退職の2か月後から失業手当が支給されるよう給付制限期間を短縮した。これまで安易な離職を防ぐために3か月と設定されており、転職が一般的になる中で安心して再就職活動や資格取得ができるよう環境を整える狙いがある。

雇用保険の失業手当は、失業中の生活を心配せずに再就職活動をできるように支給される給付金。解雇などで仕事を失った場合は、申請の1週間後から申請される一方、転職などの自己都合で退職した場合はハローワークに離職票を提出した、その2か月後から支給されるよう制限が設けられている。

あくまでも「どうしても就職に結びつかない人の再就職を支援する制度」