日本IBMの給与体系と将来性――外国人社長はコストカッター、社員は「リストラ不安」におびえる

日本IBMで営業マンとして働く、40代後半の男性Mさん。この会社に転職して5年になる。1000万円という現時点の年収には満足しているが、業績不振に伴う各種手当のカットに直面し、リストラの不安を感じ始めている。

「会社の業績悪化が続けば、いずれ減給されることは目に見えています。このままでは仕事への情熱もどんどん失われていくので、給料が下がってもいいから、もっと働きがいのある会社への転職も考えています」

総売上高は2001年の半分以下にまで激減

東京・日本橋箱崎町の日本IBM本社

東京・日本橋箱崎町の日本IBM本社

Mさんは、この会社では現場の社員は単なる歯車扱いで、大事にされていないと感じている。個人に求めるノルマは高いのに、無駄なミーティングや提出書類が多く、自由にビジネスができないと不満顔だ。

そんな会社で活躍できるのは、精神的・肉体的に相当タフな人か、「半沢直樹」の大和田常務のような人だという。世渡り上手で上長には逆らわず、保身のためになら何でもできる人、という意味だ。

日本IBMは、世界有数のIT企業として知られる米IBMの日本法人であり、国内におけるIBM製品および情報システムサービスの提供を行ってきた。

かつては新卒生の就職人気ランキングに何度も登場していたが、近年は業績不振が続いている。総売上高は2001年度の1兆7075億円をピークに右肩下がりを続け、2012年度には半分以下の8499億円にまで落ち込んだ。

現在は2012年5月に就任したマーティン・イェッター社長のもとで再起を図っている。同社として56年ぶりの外国人社長となったイェッター氏はドイツ法人のエンジニア出身で、本社の戦略担当副社長を経て日本法人の社長に就任。「コストカッター」のあだ名を持つ辣腕ぶりで知られている。

はたして現場の人々はどのように働き、どのような待遇を受けているのか。Mさんの待遇や生の声、同社の人事制度などから実態を探ってみよう。

賞与は「インセンティブ型」と「ボーナス型」から選択

Mさんの年収は約1000万円で、うち150万円が賞与分。所得税や社会保険料、厚生年金保険料などを差し引くと、毎月の手取りは50万円ほどだ。

中途で入社した当時は年収600~700万円程度だったが、コンスタントに高い実績を挙げたため、5年ほどで年収1000万円に到達することができた。

給与額は基本的に「バンド(BAND)」と呼ばれる職級で決まる。バンド6が、いわゆる現場の平社員。バンド7が一般企業の係長クラス、バンド8が課長クラス、バンド9が部長クラス、バンド10が事業部長クラスだ。

《各バンドの年収》

続きを読むには基本情報登録が必要です