世帯年収600~800万円でも割と余裕な人々「湾岸タワマンは高嶺の花だけど、車庫付きの戸建てに住んでます」

「子育ては工夫次第で節約できる」という声も

「子育ては工夫次第で節約できる」という声も

国の示す平均世帯年収はあくまで目安だが、平均を上回る世帯年収600~800万円であっても「現状の生活レベルに満足できない」と不満を漏らす人は目立つ。

もちろん全員がそうではなく「分相応な生活で満足している」と感じている人もいる。同年収帯のキャリコネニュース読者からは、

「贅沢はできないが、不自由のない生活。車を持っていないので固定費が少ない。子どもの学費も余程のことがない限り対応できそう。ただ、1回で50万近い出費になるような海外旅行は難しいかな」(30代男性/神奈川県/IT・通信系)

という声が寄せられている。ほかにも、世帯年収600~800万円の人々のリアルな金銭感覚を紹介する。(文:鹿賀大資)

「管理費や修繕積立金、駐車場代で毎月8万円はかかる。タワマンは高嶺の花」