世帯年収400~600万円で“親の援助ありき”という人の声「親が亡くなったら破綻する」

「何とか首の皮一枚の日々」という声

「何とか首の皮一枚の日々」という声

年収が400~600万円の世帯は、貧困家庭からは遠いイメージがある。しかし、その生活が厳しいと感じている人は多いようだ。

静岡県の50代男性は「生活していくのが大変です。親と同居したり、近場に住んだり、何かしらの援助を受けている人がうらやましい」(契約社員/世帯年収450万円)と綴る。

では、同年収世帯で親に援助を受ける人の声はどうだろうか。IT・通信系に勤務する都内の30代女性は、

「実家暮らしで生活基盤があるため、生活に困ることはない。金を使うことに制約はないが、そもそも使い道がない」

という。(文:鹿賀大資)

義父と同居しているが「貯金ができていないのが不安です」