年収600万円男性「3人目を拒むと妻がヒステリックに怒ります」 4時間睡眠で家事も頑張る、30代の相談に同情集まる

妻は「大学は奨学金を借りればいい」という

妻は「大学は奨学金を借りればいい」という

「子どもは可愛い、何人でも欲しい」と思っても、経済状況が許さないのが現実だ。掲示板ミクルに10月中旬、「子供3人目をどうするか」という相談が寄せられた。相談者は3歳と1歳の子どもを持つ30代の男性。地方在住で年収600万円ほどだという。相談者は子どもが大好きだが、金銭面と生活面への不安で2人が限界という考えだ。ところが、「3人は子どもが欲しい」という妻と意見が合わず、苦しんでいる。

相談者は、2人の子どもに「学びたい欲求や大学選びなど、金銭的な理由で諦めてほしくない」という。現状では周囲に頼れる親類はおらず、3人目を作るなら夫婦がフルタイムで働かないと難しいが、現在妻は働いていない上に都合の悪いことは自分の良いように解釈する性格で、

「贅沢をしなければなんとかなる」
「大学は奨学金を借りればいい」
「みんな大学に行くとは限らない」

と言い、3人目を渋るとヒステリックに怒るという。相談者は現在ですら、帰宅後に家事と仕事をして4時間睡眠で会社に行くという日々で、疲れ果てているようだ。(文:篠原みつき)

「奨学金を前提として考えるなんて子供には酷」