“8畳2間に犬164匹と人間が生活”悲惨な多頭飼育崩壊を救いたい どうぶつ基金が緊急支援を呼びかけ、全頭不妊治療を実施

犬の多頭飼育崩壊

犬の多頭飼育崩壊

動物の殺処分ゼロを目指す公益財団法人どうぶつ基金は10月27日、多頭飼育崩壊の対応に関する寄付の緊急支援を呼びかけた。

島根県出雲市で8畳2間の平屋に164匹の犬と人間が生活するという、深刻な多頭飼育崩壊が発生した。島根県行政の要請を受け、同財団は11月10~12日に全頭の不妊治療、ワクチン接種、ノミ・ダニ駆除などの獣医療を無償で行う。その後は地元ボランティアらにより里親を探す。

床に糞尿が重なる中で164匹と人間が生活「犬も人も普通に暮らしていけるように」