一体なぜ? 「ミロ」が突如店頭から消える ツイッター効果で需要急増、「販売再開は11月中旬」とネスレ広報

画像はキャプチャ

画像はキャプチャ

ネスレ日本が長年販売している麦芽飲料「ネスレ ミロ」が品薄状態になっている。きっかけは、消費者が8月に投稿した以下のツイートだ。

「毎朝ミロを飲み始めて1か月、寝起きが爆裂良くなり、24時間常に疲れてだるかった身体が軽くなり、趣味すらやる気が起きなくて鬱々してた気分がスッキリ爽快!」

この投稿が約3万件リツートされ、一気に拡散。ミロは元々子ども向けではあるが、鉄分が含まれており、貧血に悩む女性を中心に話題になった。その結果、10月下旬ごろから「スーパーでもドラッグストアでもミロ売り切れ」「店2軒回ったけど無かった」といった投稿が相次ぐ事態になっている。

メルカリでも転売、700グラムの業務用も割高価格に