ソシャゲ課金で”貯金が消滅”と嘆く30代男性「400万円以上使った。サービス終了するとデータも何も残らない」

ソシャゲ廃人経験者は語る

ソシャゲ廃人経験者は語る

ソーシャルゲームに依存し、生活の全てを投入してしまう「ソシャゲ廃人」。大阪府40代男性(サービス系)のキャリコネニュース読者がこうしたソシャゲ課金沼に足を突っ込んだきっかけは「三国覇王戦記」だ。2年間に渡り、毎月25~40万円を課金した。

「金銭感覚がおかしくなり、新しいソシャゲをやるときに普通に10万円単位で課金するようになった」

一方、2000年代に日本でも話題となった「Seconf Life」にハマっていたという愛知県50代女性(サービス系/年収400万円台)は「課金はそれほどしませんでした」と書く。しかし、

「仕事以外はずっとゲームにログインしていました。現実世界の時間とゲーム内の仮想世界が逆転したような感じ。実際、無職でこのゲーム内に24時間常駐し『生活している』ような人が沢山いました。人間関係も濃くて、一切孤独や、社会的孤立を感じませんでした」

と”別の怖さがあった”と振り返る。

「ハマりすぎて仕事に対する集中力が落ち、ミスが増えました」