32歳で自死した”非正規歌人”遺作の映画『滑走路』 長時間労働、いじめなど現代の若者が抱える”生きづらさ”描く

(C)2020「滑走路」製作委員会

(C)2020「滑走路」製作委員会

32歳で命を絶った”非正規歌人”萩原慎一郎氏の歌集を元とした映画『滑走路』が11月20日に公開される。映画では誰もが経験したであろう”思い通りにならなさ”が描かれているが、それでも生きづらい人に寄り添い、救いはあると信じたくなる一作だ。

映画は「厚生労働省で働く若手官僚の鷹野(演:浅香航大)」「30代後半の切り絵作家の翠(演:水川あさみ)」「幼馴染を助けたことでいじめの標的になった中学2年生の学級委員長(演:寄川歌太)」の3つの軸で織りなされている。

長時間労働、価値観の違い、過去の後悔… 一度は経験した”悩み”に共感